脱毛 月額制


脱毛の【月額制】とは、主に全身脱毛で見られる「支払い方法」や「通い方」に関する契約方法のひとつで、他に【回数パックプラン】【通い放題】【都度払い】があります。

全身脱毛は高額な契約なうえに、現金やクレジットカードでの一括払いが原則なので、契約のハードルが高いという現実があります。全身脱毛に一番関心があるはずの20代の女性がなかなか契約に踏み切れないのは、脱毛サロンと20代の女性のお互いにとって不幸な話です。
そこで、経済的なハードルを下げる役割を果たしているのが「月額制」です。
ただし、月額制は確かに「毎月の支払いが安くて楽」ではありますが、実は内容が全く別物の2種類があるので注意が必要です。

通い続ける限りは毎月支払いが発生する月謝タイプの月額制

キレイモ・ストラッシュ・脱毛ラボ・恋肌(旧ラヴォーグ)など



ローンを組んで分割払いする月額制

銀座カラー・シースリーなど



一見しただけでも簡単に違いがイメージできますが、これ以外にも違う点はいくつかあります。
そこでこのページでは、2種類の月額制の違いについて詳しく解説していくことにします。

脱毛の月額制の仕組み

脱毛の月額制の仕組みはすでに紹介したように、「月謝タイプ」「ローンの分割払い」の2種類がありますが、もう少し掘り下げて解説していきます。

月謝タイプの月額制の仕組みは、毎月通って毎月支払います。一度契約すれば、解約を申し出ない限り月額制での契約が継続します。料金を先払いしているわけではないので、解約返金という概念がありません。
毎月支払うので都度払いと混同されがちですが、実はこれも勘違いです。

→月額制と都度払いの違い


ローンの分割払いの月額制の仕組みは、回数パックプランの一括払いの肩代わりです。脱毛サロンには一括で支払いが行われますが、契約者であるあなた自身はクレジット会社に毎月返済していくことになります。事前の審査に通らなければローンは組めません。解約する際には、規定に従って返金されます。


そして、もっと突き詰めていけば「通い方」「予約の繰り越し」「施術ペース」「完了予定時期」「シェービング代の有無」などにも違いが見られます。どちらの月額制を選ぶかで、今後の展開が大きく変わってきます。

タイプ 月謝 ローン
通い方 毎月 2ヶ月から3ヶ月に1度
予約の繰り越し 不可
施術ペース 全身を分割 全身の分割なし
完了予定時期 12ヶ月 当日
シェービング代の有無 有料 無料


月謝タイプの月額制は毎月通います。毎月必ずです。厳密に言えば1ヶ月単位の契約の連続なので、予約のキャンセルや翌月への繰り越しなんてできません。
施術ペースは基本的には非常に遅く、全身脱毛1回が完了するのに12ヶ月かかるケースもあります。ただ、脱毛サロンごとにまちまちなので、各サロンごとに確認が必要です。
そしてどのサロンでも共通しているのが、シェービング代が有料だという点です。金額はサロンごとに違いがあるので確認が必要ですが、概ね1,000円から2,000円ほどです。

脱毛の月額制で行かない月の支払いはどうなる?

ここまでの説明で2種類の月額制の違いがハッキリしてきたと思いますが、ありがちなのが「脱毛の月額制で行かない月の支払いはどうなる?」という疑問です。

答えは、どちらの月額制でも支払わなければいけません。

月謝タイプの月額制では、「1ヶ月に1度施術を受ける権利があります」という解釈になります。その権利を行使しなかったのはあなた自身であって、サロン側に責任はないので支払わないといけません。
ドタキャンなどは論外ですが、特に注意したいのが「生理」です。
脱毛サロンごとに扱いが多少違いますが、生理の時は「全部位施術不可」だったり「デリケートゾーンのみ不可」だったりします。やむを得ない理由ではありますが、生理が理由で予約キャンセルしたとしても、支払いを免れることはできないので要注意です。

ローンタイプの月額制でも、行っても行かなくても支払わなければいけません。そもそもローンの返済ですから、サロンに行く行かないと、返済をするしないには何の関係もありません。

脱毛を月額制で通うデメリット

脱毛を月額制で通うデメリットを、最後にまとめたいと思います。そもそも高額で契約しにくいという全身脱毛のデメリットを解消するための月額制なのに、その月額制のデメリットを指摘するのはおかしな状況にも思えますが、脱毛を契約する上では重要なポイントなのでそうも言ってられません。


月謝タイプの月額制のデメリット

  • 毎月必ず通わなければいけない

  • 予約の繰り越しができない

  • 全身脱毛1回完了までが長い

  • シェービング代が有料


ローンタイプの月額制のデメリット

  • 大きな買い物をすることになる

  • 審査に通らなければ利用できない



パッと見で分かると思いますが、月額制のデメリットのほとんどは、月謝タイプの月額制にあります。ただ、だからといってすべての脱毛サロンの月額制に当てはまるわけではなく、例外的なサロンがあるのも事実です。
毎月の料金が安くてすぐにでも全身脱毛を始めやすいメリットもあるので、こうしたデメリットを把握しつつもデメリットの少ないサロンを選んでみるのもひとつの方法です。


→月額制でおすすめの脱毛サロン