月額制 都度払い


月額制と都度払いの違いは、脱毛サロンの公式サイト上でもよく分からないケースがあります。
「当社の月額制は都度払いです」なんていう文章を見かけたことのある方も多いんじゃないでしょうか。
ローンを組んで分割払いする月額制との違いをわかりやすく説明した文章ではありますが、「じゃあ、月額制と都度払いは一緒なの?」という新たな疑問が湧いてきます。

そこでここでは、脱毛業界の料金プランで見られる「月額制」と「都度払い」の違いを、スッキリと納得できる形で解説したいと思います。
その前段階としてまず、月額制の基礎知識を抑えておく必要があります。

都度払いと混同される月額制は月謝タイプ

月額制と一言で言っても、実は性質が全然違う2種類の月額制があります。


  • 通い続ける限りは毎月支払いが発生する月謝タイプの月額制

  • ローンを組んで分割払いする月額制


どちらも毎月定額を支払うという意味では同じですが、中身は全くの別物です。月額制の詳しい解説は別記事で紹介しているので、詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

→脱毛の月額制とは


そして、都度払いと混同されがちなのは月謝タイプの月額制です。両者は確かに似てはいるんですが、実は根本的な違いがあるのも事実です。
詳しく見ていきます。

月額制と都度払いの比較

月額制と都度払いの違いを項目別に分けて比較することで、納得のいく形で理解できるはずです。

プラン名 月額制 都度払い
契約プラン 全身脱毛 部分脱毛
契約期間 継続が前提 1回が前提
施術ペース 全身を分割 1回で終了
通い方 毎月必ず いつでもOK
料金 やや割高 一番割高


月額制と都度払いではまず、契約プランに違いがあります。月額制では全身脱毛も受けられますが、都度払いでは全身脱毛が受けられるところは基本的にありません。(私が知る限りではストラッシュのみです。)都度払いでは部分脱毛がメインになっているという違いがあります。

そして、月額制の契約では継続が前提になっています。○ヶ月分無料なんていうキャンペーンをよく目にしますが、よく見ると小っちゃい字で「継続される方限定」なんていう注意書きがあったりします。もっと言えば、「契約は○ヶ月から」なんていうケースもあります。
一方の都度払いでの契約は、1回ポッキリが前提です。

契約プランと契約期間の違いから、施術ペースにも違いが表れます。
継続して全身脱毛に通うことになる月額制では、契約した施術範囲を分割されるケースが大半です。例えば脱毛ラボで全身脱毛を月額制で契約した場合だと、1回の施術で48部位中の4部位しか施術してもらえません。
それに対して都度払いでは、1回の施術で契約部位すべてをお手入れしてもらえます。

月額制と都度払いでは、通い方も大きく違います
継続が前提の月額制では、毎月必ず通わなければいけません。万が一体調が悪くて行けなくても、予約のキャンセルや繰り越しなんて一切できません。月額制では「毎月絶対に通わないと行けない」という強いプレッシャーがある一方で都度払いは、時間のある時や体調の良い時にだけ通えます。もちろん予約状況との兼ね合いもありますが、基本的には自分の好きな時にだけ通えるのが大きなメリットです。

最後に、料金にも違いがあります。脱毛の料金プランは主に「回数パックプラン」「月額制」「都度払い」がありますが、プランと料金の関係は次のように表せます。

「回数パックプラン」<「月額制」<「都度払い」


支払い方法や通い方が選べるという意味では助かりますが、それぞれの違いをきっちりと納得のいく形で理解していないと、後悔することにもつながります。
全身脱毛か部分脱毛かも併せて、支払い方法を選ぶようにしましょう。